心を尽くして、贅を尽くす
自分たちの手で一つ一つ丁寧に真心込めてつくった辛子明太子を、お客様のお手元に
お届けしたい、そんな想いから1985年11月福岡市赤坂に出店いたしました。
また辛子明太子を通じて食文化や博多文化の向上に貢献できればという願いもありました。

日本で古くから息づいてきた贈り物という習慣。
人と人との想いをつなぎ、絆を深める文化を大切にしたいと思っております。

これからも基本を忠実に守りながらお客様に感動していただける辛子明太子を
つくり続けてまいります。

由来
辛子明太子の原料は、すけとうだらの卵巣です。
船上・漬け込み前後・熟成完了後と、幾度にもわたる厳しい選別を経て残るのは、
ほんのひと握り。年ごとの漁の出来にもよりますが、須弥山の辛子明太子になれるのは、
全体のおよそ2~5パーセントだけとなっています。
贈答品にふさわしい美しさ
極寒の北の海で漁獲されたすけとうだらの卵巣は、直ちに取り出して選別し、
そのまま急速冷凍します。
須弥山がこだわる明太子作りに欠かせない、もっともふさわしい原卵を使用しています。
味わいをも左右する最適な成熟段階
卵の成熟段階には、ガム子と呼ばれる未熟のものから、放卵直前の水子まで
5段階に分けられます。未完熟のものは、粒子が小さく数も少ないため隙間が多く、
また皮が厚いので調味熟成が上手くいきません。逆に、成熟期を過ぎた放卵前に
なると、水分ばかりが多くぶよぶよの状態で、原料には不向きです。
もっとも美味しい辛子明太子になれるのは、成熟した「真子」。
卵がぎっしり詰まって丸々としており、艶があって皮が透き通っています。
もちろん当店では、目利きが指先でしっかりと確かめた状態の良い真子だけを
選んでいます。
須弥山の辛子明太子は、二度漬けによって、一腹ひとはら丁寧に
お作りしています。この手間ひまが、これ以上はないと思えるほど
豊かな風味をたたえた辛子明太子を生み出しています。
味わいをも左右する最適な成熟段階
北の海で急速冷凍されたすけとうだらの卵巣は、工場で解凍・塩蔵されます。
その後、まずは約7日間、最初の漬け込みに入ります。
次に二度目の漬け込みです。
ここでは、匠のたれに純米大吟醸「寒山水」を加え、1日細心の温度管理の下で行います。
創業以来、注ぎ足しながら使われ続けてきた匠直伝の調味液の中で、時間をかけてじっくり卵巣を眠らせるのです。
これによって生まれる凝縮されたうまみと深いコク。
卵巣は元来とてもデリケートなので、途中で切れたり破れたりしやすいため、
ことのほか心を込めて丁寧に調味熟成いたしています。なお、人工的な着色料や香料は一切使用していません。
当店の辛子明太子を口にすると、まず最初にふんわりとほのかな柚子の香りが
広がります。その自然で気品のある香りは、国内の山の斜面に、自生している
在来種によるものです。一般に目にする改良種と違って、果皮が分厚くたねが
多いのですが、その香りは驚くほど。きっと、どなたでも格段の違いを感じ
られることでしょう。
海の幸であるたらこには、同じく海の幸である昆布のうまみがよく合います。
当店では、肉厚で濃厚な旨味をたっぷり含んだ北海道産の羅臼昆布を使用。
厳しい自然環境が育てた肉厚の昆布を贅沢に使って、
確かな味わいの土台を作っています。
舌先にぴりりとくる唐辛子の絶妙な刺激は、辛子明太子好きにはたまらない
ものです。当店では、他の風味を決して邪魔することなく、しかも後を引か
ない爽やかな辛味をもつ「先辛」の唐辛子を選んで使用しています。
ただ辛いだけのものとは一線を画す当店の唐辛子は、むしろほのかな甘みす
ら感じさせる味のある辛みが自慢です。
当店の漬け込み液には一滴の水も使用していません。代わりに注ぐのは、
数々の金賞に輝く福岡の名蔵元「喜多屋」の銘酒です。
さらに二度目の漬け込みでは、純米大吟醸「寒山水」を加えて仕上げています。
これにより「寒山水」の持つ華やかでフルーティーな香りが加わり、
まろやかで洗練されたコクがいっそう引き立ちます。
日ごろの感謝や特別な日のお祝い、または慰めや弔いなど、
お客さまの気持ちを表すのにふさわしい包装をご用意いたしております。
美しい器に入れて丁寧にお包みすることは、お相手を大切に思う心遣い。私どもは、日本伝統の雅趣を添え、贈られる方
とお受け取りになる方の心と心を結ぶことができればと考えております。
贈答の心が引き立つ器
受け取られた方が、まず目にされるのがパッケージです。
当店では、竹や木といった自然の素材や、日本ならではの和紙や焼き物の器で、
贈る心を引き立てます。竹林の爽やかさを思わせる特製かごは、特に人気があります。
このほかにも、温もりを感じさせる木箱や清々しい桐箱、
贈る方の心を末永く残す、こだわりの器です。
季節ののし紙
当店では、日本の四季折々の風情を感じさせる絵柄を描いたのし紙をご用意しております。
絵柄は、月ごとに違う十二種類。
それぞれにふさわしい絵柄を配した和紙タイプののし紙を美しい色ひもで結んでおります。

須弥山季節ののし紙サンプルはこちら